大阪府枚方市の子ども料理教室、小学生の居場所づくり「放課後のこども寺子屋」、シニア向け体操教室などの運営支援

ママなび舎~保育付きママ学ワークショップ~

  • HOME »
  • ママなび舎~保育付きママ学ワークショップ~

[保育付きママ学ワークショップ]ママなび舎、募集開始のご案内

孤育ての日々

平成23年の夏、わたしはまさに“孤育て”していました。家族や知り合いもいない、何も知らない枚方に越してきてはや数か月。年の近い3兄弟で「おんぶに抱っこにベビーカー」状態で、わたし一人で悩みを抱えていたのでした。子供のアトピーとの闘い、また終わらない夜泣きに一人途方に暮れる夜もありました。おまけに夫は仕事で忙しい、帰りが遅い毎日で、誰にも相談できない。3人を育てる間にたくさん悩み、不安や孤独を経験してきたものです。

勇気を出して参加した幼児サークルで、わたし自身の自己紹介、子供のことはなんでも言えるのに自分のことが話せず、『私の趣味なんだっけ?すきなことなんだっけ?息抜きや気分転換てどうやってするんだっけ?』と、自分自身のことが分からなくなっているのに気づきました。

転機になったもの、それはワークショップ。

外に出掛けられないからこそ、自宅を開放し子供たちを遊ばせている間に、季節の小さなモノ作りや料理教室などのワークショップを始めることにしました。最初は1人、2人だったワークショップ。なかなか人も集まらず厳しい時期もありましたが、口コミで少しずつ人が増え数人で開催するようになりました。

ワークショップは、ただモノを作ったり料理をしたりするだけじゃなくて、地域のママ同士が集まる場、そのまた友達が集まる場として人とつながることの楽しさを感じられるものでした。またモノづくりを通しての共感や仲間意識から、はじめての方と話すきっかけが生まれ、人見知りな性格のわたしも自然とコミュニケーションがとれることに気づいたのです。ワークショップを通じて、誰かと一緒につくる喜び、できた!という達成感、そして仲間がいるという安心感の日々を過ごす中で、いつの間にか孤育てから抜け出せていました。

ママなび舎はお母さんのための学校であり、居場所です

そうそう、自己紹介していませんでしたね。今回のママなび舎の担当をしています久保です。枚方市に引っ越してきた当初はいわゆる“産後うつ予備軍”でしたが、今では日々足元にある「楽しさ」「幸せ」に目を向けることができるようになりました。私が感じたような悩みや苦しみを、少しでも和らげることができるような、そんなお母さんのための学べる居場所を作りたい。そんな思いでママなび舎を運営していきたいと思っています。今回、ママなび舎は第一部をワークショップ、第二部をおしゃべりカフェとして進んでいきます。ママなび舎・ワークショップの特徴について少しお話ししますと・・・

  • ワークショップでは自分探しのきっかけを与えてくれる場

    さまざまな講座の中で、これまでに機会のなかった自分の興味や価値観にふれる機会になります。

  • モノづくりや学びを通して自然とコミュニケーション

    私のようにほんのちょっと人見知りな性格のママも安心。

  • ボランティアママスタッフが保育をサポート

    先輩ママに相談でき、お子様自身もママ以外の安心できる馴染みの人作りの機会。

  • おしゃべりカフェでホッと一息。自由にお話できる時間

    最初は緊張して何も話せなくても、同じ悩みやつらいことを共有できるママたちと、一緒に学び、一緒に過ごすことで、ホッと一息ついてほしいと思います。

tea

 

第3回ママなび舎 衣育講座 8月26日(土)

第4回ママなび舎 防災食講座 9月9日(土)

同時予約受付中!ママなび舎の申し込みフォーム

   

申し込みは専用フォームからご入力いただければと思います。

2017年度の年間スケジュール(予定)をご紹介

   

 

6月28日(水)

場所:鍵屋別館

世界に一つのアクセサリー作りで笑顔を自信をまとう!

【目的:ママの笑顔は子供の笑顔へ循環。オシャレを楽しむと心が軽くなる。自分を大切にすることを実感する。】

7月10日(月)

場所:カフェ雑貨FROSCH

プラントハンガーを作って植物をお部屋に招こう!

【目的:植物がママの心とカラダにもたらす癒し効果など5つの効果を実感】

8月26日(土)

場所:枚方公園青少年センター

スペシャル企画!0歳から始める衣育。子供服の安心安全な着せ方選び方講座

【目的:遊具からまり事故など、子供の衣類事故が多い昨今、不慮の事故から守る術を学ぶ】

9月9日(土)

場所:枚方公園青少年センター

防災月間企画!子連れ防災de非常食ランチ会

【目的:防災を考えるとき、一番気になる「食事」。何を食べる?電気やガスがないときは?防災の考え方が“知識”から“知恵”へ変わる】

10月17日(火)

場所:枚方公園青少年センター(予定)

秋のちくちく針仕事。ママの手作りマスクで可愛く風邪予防!

【目的:わが子が保育園や幼稚園で使うバッグくらいは手作りしたい!ソーイングの基本編】

11月28日(火)

場所:枚方公園青少年センター(予定)

オシャレなXmasスワッグづくり

【目的:森林浴気分で心をカラダを癒し、Xmas準備を始める】

12月21日(木)

場所:枚方公園青少年センター(予定)

12月のスペシャル企画!ヨガ&栄養士スタッフによるXmas&お節料理de試食ランチ会

【目的:ヨガで心とカラダをメンテナンス。日本の伝統的なおせち料理を学び、みんなでワイワイ試食を楽しむ】

30年1月23日(火)

場所:枚方公園青少年センター(予定)

遊んで学ぶ!親子でリトミック体験

【目的:リトミックがもたらす効果を実感する】

30年2月20日(火)

場所:枚方公園青少年センター(予定)

簡単!美味しい!はじめてのお味噌づくり

【目的:日本の伝統的なスーパーフードであるお味噌を作り、お味噌の効果を学び、次世代につなぐ】

30年3月13日(火)

場所:鍵屋別館

子供の成長をオシャレに残す!モザイクタイルdeフォトフレーム作り

【目的:子供の成長を目に触れるように飾ることで、子供自身に得られる効果を知る】

ふれあいネットひらかたには食育をはじめ講師・スタッフがたくさんいますので、そうした講師により、さまざまな学びの時間を提供していきたいとおもいます。

むすびに~2つの選択肢~

ママなび舎はわたし久保をはじめとするスタッフの原体験から始まった取り組みです。ここで、あなたには2つの選択肢があると言えます。1つは、ママなび舎で衣・食・住さまざまな講師から技術を身に着けつつ、学ぶ中で考え方の幅を広げ、似た環境にあるお母さん方とコミュニケーションをとりつつ、日々を生きやすくするための変化を求めていく選択肢。もう1つの道は、今まで通りの生活をする選択肢。

ぜひ、一緒に学んでいきましょう。 ママなび舎の講師

PS早速、質問を数件いただいています。随時、下記ページにて回答していきますので、お待ちください。

【ママなび舎FAQ】ママなび舎にいただいた質問にお答えします

 

 

baby

ママなび舎の申し込みフォーム

各教室の詳細など、お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-2283-7625 または 072–867–8852 まで

トップページへ戻る
PAGETOP
Copyright © NPO法人ふれあいネットひらかた All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.